Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


静岡県へ。。。

実家の両親と共に、静岡県富士宮市へ行ってきました!


今回は、こたろうともなかも連れて行こうと計画していましたが、生憎の天候でトイレ休憩もままならないと思い、お留守番してもらいました。

前回の伊豆旅行の時の失敗を踏まえ、出発は我が家を5時。
実家を5時半に出て、いざ静岡県へ!
とは言え、さすがに今週はGWの翌週。
天気も悪いとあっては、空いているだろう。。。の予想通り、目的地には9時前に余裕で到着してました(^^)

今回、雨は降ってるし、こたろうともなかはいないし、全然その気になれずにカメラは持たず。。。
なので久しぶりに写真なし記事です^^;

静岡県へ行った目的。
実は、私は妹が1人の2人兄妹の長男として育ってきました。
が、実は1つ違いの姉がおりました。
と言っても、ほとんど死産だったそうなので、両親も一緒に暮らした思い出はありません。
もちろん、私も一緒に生活した訳では無く。。。

当時の詳しい様子は、実はよく解っていないと言います。
へその緒が撒きついていた為とも聞きましたが、死産と言う事で母親との対面も無く、すぐに火葬された様な話と聞きます。
当時はそういうものだったのかも。
今なら、大問題でしょうけど。。。

それで、これまで43年間、私の家族が成長するのとは離れた所で、姉はたった一人でお寺にお預けしていました。
両親の生活も、出発当時は随分大変な思いをしていたようですから、毎年墓参りに行く余裕もないまま、もうこの時代まできてしまいました。

昨年、まだまだ元気な両親が、自分達の墓は自分達で決めると言い出し、今の実家近くに墓地を購入。
まだ石は入っていないものの、立派に一区画手に入れました。
そこで、43年間の長い間、その土地には縁もゆかりも無い静岡県にお預けしたままの姉の遺骨を、引取る事にしたのでした。

お寺の受付が9時から。
ちょうど9時に手続きを始めて、ほんの10分程度でお骨が手元に戻ってきました。
小さな骨壷。
なのに、妙にリアルで厳かな存在。
確かに姉なんでしょう。
会った事の無い、私の姉。

姉がいたら、どんな人生になっていたのか、ちょっと想像つきません。
もしかしたら、姉が生存していたら、私は存在しなかったのかも。
それだけ、当時は裕福とはかけ離れた生活でしたし。
人生は解らないものです。
生まれたと同時に、この世に別れを告げねばならなかった姉がいて、へこたれなかった両親がいて、自分がいる。
色んな人に、感謝したい、そんな気持ちになりました。

と、そんな事で静岡県まで行ってきたのですが、あまりに早く今日の目的が終わってしまった為、予定していた富士宮市の焼ソバは諦めまして、その代わり箱根で温泉に入っていこう!と言う事になりました。

自分の両親と、愛する妻と4人とで、思いつきの箱根温泉。
何だか妙な温泉旅行の様ですが、全員それなりに楽しんできました!
母親と私の奥は、性格や考え方が全く違う人種なのにも関わらず、何故か気が合う^^;
本当に、これだけはありがたい事。
雨の中、屋根つきの露天風呂も満喫し、往復の道中はずっと運転手をして帰って来ました。
不思議と、疲れは無し。
実家の仏壇に、姉のお骨を納めて今日の使命は終了。

いずれ、姉とも同じ墓に入ることになるんだろうな。。。
会った事の無い姉。
何だか不思議な気分。
でも、まずはお帰りなさい!
これからもよろしく!!

この記事に対するコメント

私にも

我が家でも私の一歳上の兄がいたようです。
生まれてくる前に亡くなっちゃったらしいけど・・
お姉さん、やっとみんなの側に帰って来れてきっと喜んでますよ^^
これでもう寂しくないですね

【2006/05/15 08:35】URL | tomoko #-[ 編集]

私にも、私が生まれる前に流産してしまった兄か姉がいたそうです。
私も危うく流れる寸前だったそうで、
今は生まれて来られたことに感謝してます!
人生色々ですが、
その方の分まで楽しく充実した人生を送っていくことが
一番の供養になるのかもしれません。
お姉さま、ご両親の元に戻れてよかったですね。

それにしても。。。
「愛する妻」って書けちゃうところが素敵~☆

【2006/05/15 13:55】URL | さおりん #tHX44QXM[ 編集]

私にも姉か兄がいたそうです。
昔(今も…?)はよくあった話なのでしょうか?
お姉さん、お寺でずっと守っていただいてよかったですね。
でも、おうちに帰ってこられて、もっと幸せになりましたね!

【2006/05/15 15:16】URL | まり #-[ 編集]

そうだったんだぁ。お姉さん、ずーっと待ってたんだろうね。みんなと会えてよかったね(^^)

私にもお兄ちゃんかお姉ちゃんがいたみたいですよ。パパがまだ大学生だったってこともあって人間の勝手でおろしたようです。私と弟の間にも妊娠したみたいですがそちらは流産。私が成人した頃にも妊娠発覚したけど安定剤を飲んでる影響が考えられるので諦めたんです。
なので少なくとも私にはあと3人、会えなかった兄弟姉妹がいたようですね。
今までの生活とかを考えるとこれが運命っていうかちょうどよかったのかなぁって思います。

日帰り静岡、お疲れ様でした☆

【2006/05/15 15:47】URL | 千恵 #buI3a3AE[ 編集]

大変な任務お疲れ様でした
苦労して産んだ子の顔も見ぬままなんて
本当につらい思いを経験されたのですね
これでご両親もやっと安心されたのではないでしょうか(^^)

私のこの日の予定は
テニス・・・しかも集合場所に行ったら
雨で中止になり、一端家に戻って夕方飲み会にだけまた出て行って結局飲んだだけの日になりました(^^;)家を出る前から中止がわかっていれば翌日のオフ会に参加できたのに!!
かもねぎさんとは大違いの忙しい日でした(涙)

【2006/05/16 00:45】URL | yuki #fkxczLn.[ 編集]

富士宮出身です!

なんと、なんと、富士宮は私の出身地なんですよ~。すごい田舎だったでしょ?(*^.^*)
でも、名物の焼きそばを逃したのは、残念。歯ごたえ、具、味ともに、他の焼きそばとは違って、おいしいですよ~。また機会があれば是非食べてみてくださいね。ちなみに、先日うちの近くのスーパーのお惣菜コーナーで、富士宮の焼きそばと表示されたものが売っていたので、食べてみましたが、ぜーんぜん別物でした。
バッタモンにはくれぐれもご注意を。 ちょっと語りすぎたかな~?(^^;)
パソ、復活したので、またよろしくです。<(_ _)>

【2006/05/16 03:12】URL | micko #c1ZlZbwY[ 編集]

こんにちは。。お久しぶりです。
私も昨年、姉が居たことがわかりました
母が突然「生まれてすぐにしんじゃったから・・・」と話し始めて、この年までいきてきて始めて聞かされて本当にびっくりしました。そんなことがあってしばらくしてから認知症が進んで・・・・
もしかしたら亡くなった姉が自分の存在を伝えたくて母の口を借りたのかな?
と思いました。
かもねぎさんのお姉さまは幸せですね。
私の姉はどこに眠っているのかもわかりません。

【2006/05/16 09:22】URL | ルナママ #ZsjQ0mUE[ 編集]

それは、ご苦労様でした☆
私も兄・私・妹の三人兄弟で、私と妹の間に女の子がいたんですよ。
生まれてすぐ、麻疹で亡くなったそうです。
会った事も無い妹ですが、きっと生きていたら、今居る妹は生まれていなかったかも。。。
私の人生も違っていたかもです。
かもねぎさんのご両親も、きっと安心したでしょうね!
きっと、ずーっと胸を痛めて生きてきたんでしょうから。。。
そして、お姉様も喜んでいるわね☆

【2006/05/16 10:46】URL | 陸ママ #-[ 編集]

■tomokoさん
tomokoさんにも、1つ上のお兄さんが?
私の姉もそうですが、会ったことが無いだけに実感としては薄いですよね。
でも、気持ちの上ではやはり姉なんですよ。。。
毎日の生活の中で、本当にたま~に思い出す存在です。
お骨が戻ってきて、姉も喜んでいる事だと思います!


■さおりんさん
さおりんさんにもお兄さんかお姉さんが!?
上に同じ様な境遇の兄弟がいると、ふとした事で生まれてきたことに感謝せずにいられなくなりますよね。
今、自分も充実した毎日を送っていますし、家族全員それなりの幸せをつかんでいると思うので、姉も安心している事と思います。
「愛する妻」発言、何気なく書いちゃいましたが、こっ恥ずかしかったですね(爆)


■まりさん
まりさんにも、上の兄弟さんが!?
生きている者同士だけで、知人関係が広がって行ってますが、こういう形で生を受けられなかった人も、実は案外多いのかもしれませんね。
今、姉の遺骨は実家の仏壇に安置してあります。
両親の墓地に石が入ったら、一足先にそちらで待っていてもらう事になります!


■千恵さん
千恵さんにも、お兄さんかお姉さんが!?
皆さん、上の兄弟さんがいたかもしれないとは、本当に多いんですね、実は。
今生きている者達だけが、こうやって知り合って交流していますが、実は少し運命が変わっていたら違う人々同士が交流していたかもしれませんね。
運命というのは解らないものです。。。
静岡行き、こた&もなも連れて行きたかった所ですが、また次の機会に持ち越しです!


■yukiさん
母親の気持ちは、やはり未だにくを語りたがらない所を見ると、色々と複雑な気持ちもあるんだと思います。
でも、貧乏所帯から子供を2人も育て上げたんだから、生きて行く忙しさに忙殺されていたのが良かったのかもしれません^^;
という事で、我が家もオフ会参加できずでした!
次回は、viviちゃんご一家が幹事さんだと言うし、調整して久しぶりに参加しなくちゃ!


■mickoさん
あれまぁ!富士宮市のご出身ですか?
本当は、是非名物の焼きそばを食べたかったんですが、現地で9時半には用事が終わってしまって、断念しました^^;
天気が晴れていて、こたろうともなかでもいれば、どこかで一遊びしてから焼きそばを頬張る。。。なんて事になったんでしょうけどね^^;
あちら方面には、また行きたいなぁ。。。と思っているので、バッタもんじゃない富士宮市の焼きそば、その時には是非食べたいと思います!!


■ルナママさん
ルナママさんにもいらしたんですね?
お母さんの様子では、お骨がどちらにあるのか解らないのでしょうか。。。
どなたか、情報をお持ちの親戚さんがいれば良いのですけど。
小さな骨壷でしたが、手に取った時は存在感があって、厳かな気持ちになりました。
諦めずに、探してあげて下さいね。


■陸ママさん
ちょうど成人する前くらいに、一番その存在感を感じていました。
姉がいたら、本当に自分はいなかったかもしれない。もしいたら、色々と相談相手になってくれたかもしれない。
今でも同じですけどね^^;
陸ママさんの妹さんも、私の姉と同様に運命と言えばそれまでですが、他人ではなく現実にいる兄弟でもなく、しっかり生存していてくれたら今の人生が変わっていたかもしれないと思うと、色々と考えるところもありますよね。
母親・父親・姉。今はとても安心している事と思います。

【2006/05/16 20:17】URL | かもねぎ #GARAOaU2[ 編集]

よかったです。。

そういう目的のご旅行だったんですね。
ご両親と一緒にお迎えにいかれるなんて、かもねぎさんご夫婦の優しさを、お姉さまも草葉の陰で喜んでおられることでしょうね☆
温泉でゆっくりすることもできたようで何よりです。お疲れ様でした。

【2006/05/16 20:18】URL | vivimama #-[ 編集]

そういえば

変な話になりますが
以前私が若くてヤンチャだった頃、母の夢の中で私が危ない目にあっていた所を見たことの無い若い男のヒトが助けてくれたそうです。
ちょうど黒い蛇に飲まれる寸前だったとか・・
以来その夢の男の人は母と私の中では兄だと思っています。
きっとどこかで守っていてくれるのでしょうね(楽観的すぎ?)

【2006/05/16 23:29】URL | tomoko #-[ 編集]

皆さんにも・・・

上の記事を読んで、私にも1つ違いの兄がいたことを思い出しました。私は兄・私・弟の3人兄弟ですが本当はもう一人兄がいるはずでした。流産だったそうです。
この兄が生まれていたら確実に私はこの世に存在しておりません。
母体が安定する前の2度目の妊娠ということでとても虚弱な子供だったのですが何とか成人もし、いまは何とか元気に生活をしています。感謝を忘れかけていた自分を思い出しました。
かもねぎさんのお姉さん、ご家族の元に戻られて安心していることでしょうね。

すみません長い分になってしまいました。

【2006/05/17 05:03】URL | violeta #-[ 編集]

お疲れサマでした。
私には今姉がいますがその姉は双子だった・・・今思えば医療ミスで亡くなった姉。今は九州で眠っています(T.T)いつか両親が他界した時は今までいれなかった分一緒にいさせてあげたいなって思いました。
けど「愛する妻」妬けちゃいます♡

【2006/05/17 16:00】URL | 愛璃 #-[ 編集]

■vivimamaさん
そうなんです。こんな目的の旅だったので、オフを優先できませんでした。。。
とは言っても、こた&もなはお留守番だったので、あの子達だけは翌日も元気一杯でしたけどね(爆)
うちは、奥と母親が気が合うらしいので、こういう時は助かります。
温泉だって、気が合わないと滅入っちゃいますもんね(笑)
姉も、ホッと一息入れている事と思います!


■tomokoさん
え?tomokoさんがヤンチャだった!?
そういう夢は、けっこうグッと来ますよね。
お母さんの気持ちの中には、きっと子供である私達の頭の中以上に、複雑な思いもたくさんあるんだと思いますし。
でも、私もきっと何らかの形で、これまでの人生に少しだけ手を貸してくれたりしているような気がします。
tomokoさんのお母さんの夢も、きっとお兄さんだったんでしょうね!


■violetaさん
violetaさんも、お兄さんがいらしたんですね?
そして、お兄さんがしっかり生きていらしたら、violetaさんは生まれていなかったなんて、私の場合と同じですね~!
私も、絶対年子ではつくらなかった筈なので、絶対にありえませんでしたし。
人生とは、本当に小さな事で大きく変わって行く物ですね。
姉も、やっと家族の元に戻ってこられたので、これから母親にこれまでの分も可愛がってもらって欲しいものです。


■愛璃さん
それぞれの家庭で、本当にこういう事はある事なんだと、今回の皆さんのコメントを頂いて思いました。
愛璃さんの亡くなられたお姉さん、医療事故だったんですか?
もしかしたら、私の姉もそうなのかもしれません。
今ではそのまま闇に。。。というのは少なくなってきたのかもしれませんが、以前は多かったのかもしれませんね。
いずれ、お母さんに可愛がってもらえると、きっと嬉しいでしょうね。
愛する妻発言は。。。ちと言い過ぎだったかな(爆)

【2006/05/18 02:02】URL | かもねぎ #GARAOaU2[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/144-37e16fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。