Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モニターに当たった!《Voice Trek G-10》その③

館山旅行記はちょっとお休みして、ここでいつものモニター報告を。。。
このあと、旅行記その4アップです~!!

という事で、奥のなおぴーにスイッチ☆


モニター生活も第3回目を迎えました。
G10

ボイストレックG-10、相変わらず肌身離さず持ち歩いて活用してます。
が、使いこんでいくうちに「んー?」と思う所もちょぼちょぼと出てきました。

いつも取扱説明書を持ち歩いている訳ではないので
???な事がすぐ解決できなくて困った話。

出かけた先で聴いている時のこと。
前回紹介した、早聴き・遅聴き機能がうまく働いてくれないぞー。
どーして、どーして???
家に帰ってよくよく読んだら、
書いてありましたよー隅っこの方にに小ちゃく。
「ご注意」って。
ノイズキャンセル機能を使ってる時には、
早聴き・遅聴き機能は使えないんだって。
前回ノイズキャンセル機能もご紹介したので、
そのまま設定されたままだったのでした(爆)
でも、ちょっと解りにくかったかなぁ。
一瞬壊れたかと思いましたよ(汗)

《えいご道場》は、もったいないので続けてやってますが、
チャプターが進んでもレベルがあがる訳ではないらしい(^^;
ただ今、チャプター6。
えいご道場

相変わらず似た様なレベルのを延々と続けてます。
とりあえず、稽古モードだけを最後までやる事に方向転換しました。
実践モード、使いにくいんだもん。ストレッスフルですよー!!!
スペースを1つ空け間違えただけでも、正解にならず。
YES・NOの後ろなんて、コンマでもピリオドでもいいじゃん!
って所、ピリオドじゃないと正解にならず。
私の場合、ほとんど全部聞き取れちゃうし、知らない単語もないので、
経験上、だいたいこのあたりがおかしいかなぁって訂正できますが
英語に慣れてない学習者の人じゃ無理じゃないの~?
単語のつづりが間違ってるのか、前置詞がちゃんと入ってないのか
3単現や複数の細かいsが抜けてるのか~っていう英語の間違いで正解にならないのか、
英語的には合ってるんだけどスペースの空け間違いなだけなのか容易に区別がつかないと思う~~~!
英語の勉強というよりタダの間違い探しになりかねない(爆)
ディクテーションのソフトなんですから、せめて、スペースは1つ空けても、2つ空けても正解にしてちょーだい。
英語じゃない所で間違ってると言われると、ムカツクーーーー(--;


さてさて、本体の《ボイストレック》の方はと言いますと。。。
今回は実際に録音・再生してみました。
録音モードは5種類。
ステレオXQ(ステレオ超高音質)、ステレオHQ(ステレオ高音質)
HQ(高音質)、SP(標準)、LP(長時間)です。
マイクの感度は2種類。
「会議モード」と「口述モード」

私は、フランス語の発音確認のために使うので、
とりあえずXQの口述モードに設定してみました。
お手本どおりに出来るかな??

こちらで音声の貼り付け方がわからないので、私のブログで聴いてみて!
MP3にしか対応していなかったので、WMAからmp3に一度変換してます。

発音が上手かどうかは別として(爆)
内臓マイクでも十分キレイに音を拾います。
再生もイヤホンで聞いても、本体のスピーカーで聞いても
そこそこいい感じですよ♪
でも、やはりちょっと雑音が気になるかなぁ。
息遣いが、ちょっとうるさいですね(^^;
それから、この音声では後ろがきれちゃってるけど、
スイッチを切る音が入っちゃってデカくてビックリ(^^;
昔、カセットテープでテレビの歌番組を手動で録音したのを思い出しました。
(歳がばれる!?)
雑音問題に関しては、ノイズキャンセル機能を使えばそれなりに解決です。

でも、録音するスイッチを入れたり切ったりするのに
ボタンが小さくて操作しにくい。
しかも、テキストを読むのに集中していると、
スイッチの入切を同時にするのが大変。
(それは、私の器用さに問題あり!?)
何とかならないかーと、取り説をペラペラめくっていると
良さそうな機能を発見♪
ということで《VCVA機能》というのを試してみました。
あらかじめ音を拾う感度を設定しておいて、
音を感知して自動で録音してくれる機能です。
このVCVA機能というのは、
本当は会議中などの沈黙時間に録音しないで
メモリを節約するためにあるようですが、
私のような不器用な人が語学学習をする時にも使える機能だと
思います。
この機能を設定しておけば、いちいちスイッチに煩わされる事なく、
テキストを読む事に集中できます♪

しかーし、最初の感度を設定するのにちと戸惑いました(^^;
というのも、OKボタンを左右の矢印方向に押す事で、
感度調整が1(低)から15(高)までの段階的に調整出来るのですが
ずーっと感度1にしかならずに、試しに録音して再生すると、めっちゃ途切れ途切れ。
あれっ?あれっ?の繰り返し(汗)
ようやく気がついたら、ボリューム調整と逆で、左に行くほど
起動レベルが上がるのでした。
まあ、私の思い込みによる失敗ですが、それにしても紛らわしいぞー。
でも、一旦調整しちゃえばこっちのもんです(^^)
使い心地快適です。


このボイストレック、スグレモノでミュージックプレーヤーとしても使えます。
この辺で、私ものんびり音楽でも聴こうじゃありませんかー。
ということで、コチラのCDを取り込んで聴く事にしました。
ど~よ~♪

フランス人の子供向けの童謡のCDです。
今度は童心にかえって、フランス語漬けです。
ほのぼのしていて、ナカナカ癒されますよー。

まずは取扱説明書の通りに、Windows Media Playerを使って
CDからPCに音楽をコピーします。
CDからPCへ

これは、いつもやっているので、楽々~。

次に、音楽ファイルを本機に転送。
これも、Windows Media Playerを使ってやってね、と取り説には書いてありますが、
これが、ダメでした~。

初めて、転送する時は取り説の言う事きいておけば大丈夫だと思う~。
でもね、何枚もCDを取り込んだ後だと面倒臭そう。
何故って。

私、もうすでに何枚ものCDをPCに取り込んでいるんですよ~。
CD自体は、それぞれマイミュージックの別々のフォルダに取り込んではあるのですが
ボイストレックに転送しようとして、取り説の写真の通りに「すべての音楽」を選択すると、こんな事になっちゃってます(^^;
トラック○○という、同じ曲名がいくつもあるぞー!
同期で取り込み!?

実は、1曲ずつに名前がついていないCDは曲名がトラック1、トラック2・・・・という名前でPCに取り込まれます。
それが全部出てきちゃって、どれが私が聴きたい曲なのかわからないぞー。
どうやら、PC側でプレイリストをあらかじめ設定しておかないといけないようです。
よくやり方がわからん(爆)
取扱説明書に、ここまで説明してくれてあるといいんだけどなぁ。

仕方がないので。。。
「ボイストレックは普通のUSBメモリとしても使えるぞー」
というのを思い出して、手っ取り早くエクスプローラーからコピー&貼り付けをしてしまったのでした(爆)

音楽を聴いてみた感想。
音は結構いいですよー。
癒されますよー。
一緒に鼻歌も歌えちゃいますよー。
何度も聴いて、一曲覚えちゃいました~。

む~にえ~~ぇ、ちゅぅ ど~~~ぅ
とん むらん とん むらん ヴぁとろ ヴぃぃぃぃぃっと。。。


長いモニタ報告にお付き合い下さって有難うございました。
次回(その④)で終了予定です。
今しばらく、お付き合いくださいませ~。


キャンペーンバナー

オリンパス ICレコーダー 「Voice-Trek G-10」


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/218-df7d526f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。