Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エネループでリサイクル-B-Promotion-

また体験しました、B-Promotionのモニター。

今回は、三洋電機さんから発売されている「くりかえし使える電池」【eneloop】をモニターさせて頂きました。


今や、私の周りでは充電池がたくさん。
カメラ小僧なんだから当然です^^;
デジタル一眼も銀塩一眼も、コンデジだって充電池で動いています。
ただ、問題なのが「専用充電池であること」これに尽きます。。。^^;

同じCanonの製品を使っているのに、EOS5DとKiss DNとEOS-1V HSの充電池はどれもバラバラ。。。。
専用充電池なんだから仕方ない所ですが、それでも共通している電池を発見しました!
当たり前ですが、単三乾電池。
普通は充電式じゃありませんね^^;
でも、以外と使うんですよ。。。単三乾電池。

今、手持ちの機材の中では、EOS-1Vのバッテリーグリップ用とモータードライブのPB-E2用に。
PB-E2は、専用のニッケル水素が使えますが、一旦空にすると充電に一晩。。。
EOS-1V

バッテリーマガジン


それからストロボは単三乾電池しか使えません。
420EX

4本使用するタイプです。
電池室


さて。。。
ここからがeneloopのご紹介。

今回モニター商品として提供していただいたのがコレ。
エネループ2本


急速充電池とセットになった商品です。
販売されている時点で既に充電済みとして売られているので、必要な時にこれを買えば、即使用することが出来るんだそうです。

でも、ちょっと待って^^;
私の機材は、使用する電池が4本or8本。
た、足りないではないですか^^;

と言う事で、実は以前からカメラ機材にと思って検討していた事もあり、これを機会に自分でも購入する事にしました(爆)
それがこちら!
エネループ4本-1

エネループ4本-2

eneloop4本と充電器がセットになったタイプ。
モニター提供品と併せて、これで合計6本になってしまいましたが、2本については別途利用方法を検討。。。という事で。

ところで、先日から通っている写真講座。
当然カメラを持ち出すことが多いのですが、もっぱらデジタルばかり。
プリント枚数が多いので、フイルムだと費用が^^;
と言う事で、今回のeneloopの使用レポートはストロボに決定!!
装填済み


ストロボの電池に求められるもの。。。
繰り返しのチャージでも落ちない電圧・素早いチャージの為の高電圧・撮影旅行に出た際などの1セットの電池の寿命。。。と言った所でしょうか?

この、eneloopの特徴と照らし合わせてみました。
①約1,000回、繰り返して使える
 おそらく、本体を買い換える方が早いんじゃないかな。。。
②自然放電を抑えて、買ってすぐ使える
 1年放置しても85%残存するとか。充電池の不安点が1つ減りました。
③デジカメでもパワフル
 これは、実際使ったレポートにて。。。それにしても、4.4倍!
④色んな機器に使える
 eneloopのサイトによると、デジカメは推奨品として◎らしい(^^)
⑤つぎ足し充電OK!
 実は、この部分はかなり重要。これが出来ないと放電機能が必要なので。
⑥低温にも強い
 冬の撮影旅行などには重宝しそうです。
⑦こだわりのパッケージ
 青を基調としたパッケージには、確かに好感を持てます。
⑧お手持ちの三洋充電器で充電OK!
 私は持っていませんでしたが、あれば電池のみのセットでOK!?

こと、カメラ機材の電源としてのeneloopは、かなり期待出来る特徴を持っているようです。
ちなみに、EOS-1V HSのニッケル水素バッテリーは、それは強力なパワーを持っていますが充電が1本あたり数時間。
しかも、前回使用時に使い切っていない場合は、メモリー機能が働いてしまうので放電という行程が入ります。
結果、撮影の前の日の晩から「放電」→「充電」と自動で行い、一晩かけるつもりで準備するのです。。。(^^)

さて、実際に撮った写真などをチラっと。
当然、モデルは我が家の可愛い3パピ達^^;

karubi-01

kotaroh-01

monaka-01

monaka-02

monaka-03

karubi-02

EOS 5D + EF50mmf1.4USM + 420EX

カメラの内臓ストロボだけじゃなく、大型の外部ストロボを使用してバウンスを使うと、きついコントラストの影にならずにフンワリ感が出ます。
電池の消耗を気にせず使えるなら、この子達を室内で撮影するには常用できるかも。
チャージの時間は、アルカリ乾電池より全然早くてストレスなし。
連写では無くワンショットで狙うなら、チャージを気にせず撮影出来ます。

ところが。。。
このeneloopで試したかったのが充電。
なのに、これだけ大光量のストロボを連日室内で使用しても、全然エンプティにならないんですよ、eneloop!
繰り返し使えるというメリットの前に、まずはやはり長持ちするという特徴の方が、実感として恩恵ありますね。
それから、先に書いたハイパワー。
この2点だけ取っても十分に使える電池である事は明らか。
B-Promotionでモニターする商品は、粗があれば見つけるつもりでやっていますが、ことeneloopに関しては扱い方も簡単でハイパワー&長持ちとくれば、単純にアルカリ乾電池の代わりとして十分活用していけます。

あとは、各メーカーで規格をもっと揃えてもらって、充電器を選ばず使用出来る機器も増やして。。。そんな動きにでもなれば言う事ないでしょうね。
自分でかんたんにできるエコ。eneloopならとても気軽に出来ました。
今、チーム-6%にも興味を持っているところだし、普通に生活していてエコになる事は積極的に行っていきたいな、と。
最終的には、全て地球温暖化に繋がっている気がするし、これ以上暑くなっては営業職なんて出来なくなります(笑)
私も、これで100均の安いアルカリ電池を買いに行く事が無くなる事でしょう。。。^^;


それから、「eneloop普及委員会ブログ」というのがあるそうです。
eneloopの便利な使い方やアイデアなどが紹介されているので、ご興味があったら是非!


キャンペーンバナー

eneloop(エネループ)








-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

ノーリード反対バナー

このブログは、飼い主の安易な考えによるノーリードに反対します!
「リードは犬の命綱」
私の大切な愛犬の運命は、私が握っています!
だから、一時の楽しみの為に大切な愛犬のリードは放しません!


このバナーとは別に、mixiでも
「犬のノーリード。。。絶対反対!」
というコミュニティを開いています。是非ご参加下さい!


-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

この記事に対するコメント

愛用していま~す

この電池、私は愛用していま~す。

私のところはF2のMDに単三が10本、ストロボと無線機にやはり単三が各2本で計14本使用しています。

以前は100均やヨドバシで単三を買ってきていたのですが、いくら百均といっても無線機に使用している電池なんて週に1回交換していますのでチリも積ればで、ランニングコストも馬鹿にならないものがあります。

ちょっと初期投資、イニシャルコストは財布には痛手となりましたが、思い切って普段使用することが多い機器の電池をこれに買い換えてしまいました。

今では普段使用する14本+予備2本の計16本をこれに切り替えました。

私の使用している充電器は初期セットの4本用なので、ここまでeneloopが増殖してしてきてるともっと多い本数が同時に充電できる充電器が必要ですね(汗)

【2007/07/25 08:23】URL | 通りすがり #-[ 編集]

■通りすがりさん
お!既にユーザーさんでしたか!!
私も、随分前から気になって仕方なかったんですが、やっぱり初期投資(最初は充電器もなので)のせいで「100均でいいや!」と割り切っていたのです^^;
おそらく、一度手に入れてしまうと手放せ無くなりそうですね。。。
今手元にある単三乾電池、どうしましょう(笑)
それにしても、F2のMDは10本ですか!?
1VHSでさえ8本ですから、さすがのF2ですね^^;
充電器、eneloopのものでなくても三洋電機製なら色々使える様なので、探してみても良いかもしれませんね。

【2007/07/25 10:19】URL | かもねぎ #GARAOaU2[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/261-08e960c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。