Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Olympus E-510 モニター報告 その1-2 -Promotion-

ガクアジサイ

P・WBオート・ライブビュー

B-Promotionのモニター、せっかく手にしたOlympusの最新イチデジE-510
使い倒してみましょう!と、ガンガン使ってみてます。


前回のモニター報告で一番気になったのが、オートホワイトバランスの急激な変化と露出の暴れ方。
条件が室内と言う事で、その2点には厳しい条件か?との思いから、今回は外に持ち出してます。

上のガクアジサイなんかは問題なしですね。。。

こちらは、日陰になっていたキンシバイ。
キンシバイ

P・WBオート・ライブビュー

日陰でしたが安定した明るさの下。ちょっとアンダー気味に出ました。
黄色の被写体なので露出補正でプラスしてあげれば良いんですが、せっかくプログラムシフトで撮ったのでもうちょっと頑張って欲しいかな^^;

トンボ

P・WBオート・ライブビュー

こちらは、その設定のまま初の屋外ライブビュー!
トンボの逃げない距離まで近づいた後、更にそっと寄れるというのはやっぱり凄い(^^)
でも、生き物相手だとライブビューのままオートフォーカスする手順と音がやっかい。。。ま、これは仕方ないか。
何しろ、ライブビューする為にはLive MOSに情報与えなければいけないからミラーアップ。
で、オートフォーカス(測光も)するにはミラー降ろさなくちゃいけない訳だし。
いっその事、Canonでいう所のペリクルミラーの様な物を採用するとか!!

さて、そのまま散策していると、意外とセミが低い所にもいるのに気が付きました!
で、何故か自然とライブビューを活用(^^)

こちらはファインダーで目視のミンミンゼミ。
ミンミンゼミ

A・WBオート・ファインダー

そのままズイっとライブビュー。
ミンミンゼミ(ライブビュー)

A・WBオート・ライブビュー

さすがに、これは便利な機能かも。

ではもうイッチョ、こちらはヒグラシ?
ヒグラシ?

A・WBオート・ライブビュー

さらにズイっと。
ヒグラシ?2

A・WBオート・ライブビュー

おぉ!
ファインダーだけなら、きっと標準ズームのままではここまでは無理。
ただ、結局両腕を伸ばした状態になる訳で、コンデジで撮っているのと大きな違いは今の所なし。
結局コンデジでは叶わない、専用のマクロレンズを装着した際に真価が発揮できるかな。。。
ただ、そうするとやっぱり一脚・ミニ三脚なんかが必須かも。

ライブビューで7倍・10倍表示でピント合せが可能というのがウリの1つですが、実際に使えるシチュエーションはかなり限定されますね。
やっぱり、本格的な三脚を据えて撮影する場合に限るかと。
手持ちでは、結局無理です^^;


そうそう!
撮影しながら散策している時に、白い雲の白トビが結構気になりました。
で、思いついて露出補正に加えて「ハイキー」「ローキー」の使用感も試してみました!

まずは。。。
左)A・WBオート・-0.3EV
中)A・WBオート・-0.7EV
右)A・WBオート・-1.0EV
風景-0.3 風景-0.7 風景-1.0


お次は。。。
左)A・WBオート・-1.0EV・ハイキー
中)A・WBオート・-1.0EV
右)A・WBオート・-1.0EV・ローキー
風景-1.0H 風景-1.0 風景-1.0H


雲の白トビが気にならなくなるのは、-1.0EVと同ローキーだけです。
でも、本来のローキーを使う目的はこうじゃ無さそうですね。。。
このあたりは、もうちょっと勉強してみます。

ただ、デフォルトの「49分割デジタルESP測光」は、最初のキンシバイの時と合せて考えると、早くこのカメラのクセなどを掴んだ上で、被写体やシチュエーションによる露出補正を、積極的にしてあげた方が良いみたいですね。

最後にちょっとお遊び。
ボディに搭載された、シェイクリダクション。
シャッタースピード4段分の手ぶれ補正。
こんなの試してみました!
水流

S・WBオート・1/3秒手摺を支えに手持ち

小さな橋の手摺で腕を支えていますが、SS1/3秒で撮影してこれだけ止まればバッチリですね。
次回は、この辺の所を詳しく見てみたいな。。。と。






-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

ノーリード反対バナー

このブログは、飼い主の安易な考えによるノーリードに反対します!
「リードは犬の命綱」
私の大切な愛犬の運命は、私が握っています!
だから、一時の楽しみの為に大切な愛犬のリードは放しません!


このバナーとは別に、mixiでも
「犬のノーリード。。。絶対反対!」
というコミュニティを開いています。是非ご参加下さい!


-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/269-74f7b908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。