Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Olympus E-510 南越谷 阿波踊り =B-Promotion=

南越谷 阿波踊り(E-510)
Olympus E-510 + ZUIKO Digital ED14-42mm f3.5-5.6 1/3秒

Olympus E-510をB-Promotionさんからモニターとして提供頂き、使用しています。

昨日の記事に引き続き、南越谷の阿波踊りにE-510を連れ出したので、レポートを。。。


今回のテーマは、ボディ内手ぶれ補正について。
1枚目の写真は、シャッタースピード1/3秒という低速シャッター。
このE-510のバイブルとも言える、デジタルカメラマガジンから出ている「E-510 ワンダーブック」にも紹介されている、(ウエストレベルで構えて)ライブビューモードで、歩きながら撮影。。。をしてみました。
1枚目は、カメラを頭上に上げてますけどね^^;
中心は、強力な手ぶれ補正のおかげでしっかり芯が残ってますが、スローシャッターらしく流れた写真が撮れました。


Olympusさんのデジタル一眼レフは、メーカーコンセプトとして「ボディ」に手ぶれ補正機能を持たせる事にした様です。
このボディ内手ぶれ補正を採用しているメーカーは、他にPENTAXとSONY。
ちなみに、私が普段使っているCanonはレンズ内手ぶれ補正を採用しています。
この方式は、他にNikonが採用してますね。

この手ぶれ補正機構を「ボディ」と「レンズ」のどちらに持たせるか?
ここはメーカーの今後の製品ラインナップにも大きく係わる部分なので、大きな分岐点だと思います。
もちろん、利用するユーザーにとっても。

ボディ内手ぶれ補正のメリットを私なりに書き出してみると。。。
・フォーサーズマウントなら、レンズの性能に依存せず常に最大4段分の手ぶれ補正が期待できる
・ボディを入手した時点で、最新の手ぶれ補正機能が入手できる
・ライブビュー機能に最適にチューニングされている
・数年後にボディを買い換えた際、手持ちのレンズ資産はそのままでも、最新の手ぶれ補正システムを全て手に入れられる

と言った所でしょうか。

ちなみに、CanonやNikonなどのレンズ内手ぶれ補正のメリットは。。。
・ファインダーから、直に手ぶれの補正状態が確認できる
・広角・望遠などで任意に使い分けられる
・レンズの性格ごとに、最適なチューニングがされている
・銀塩(フイルム)EOSなど、過去のカメラ資産で活用できる

という所でしょうか。

どちらも一長一短という所ですが、ボディ内手ぶれ補正の一番のメリットは、ボディを買ったらその後安く上がる!しかも軽い!!に尽きると思います。
E-510に搭載された手ぶれ補正機構は、最大でシャッタースピード4段分。
これは、Canonで言えば最新のISレンズと同等ですね。
前回の記事で使用したEF28-135mm IS USMなどは、同じ手ぶれ補正付きでも設計が初期の物なので、補正効果はシャッタースピード2段分。
こういう部分にその違いが現れるんだと思います。

ただ、1つだけ残念なのはOMシリーズのレンズをアダプターを介して装着した際には、手ぶれ補正が作動しないんだそうです。
Olympusというメーカーに対する根強いファンがいる事もあり、勿体無いと思います。
この辺りは技術的には難しいのでしょうかね?


さて、撮影者動かずにスローシャッターを切ると、こんな写真も簡単に撮れます。
南越谷 阿波踊り(E-510)
1/2.5秒

もう少し明るい場所なら、手前の人間も消す事が出来るんですけどね^^;
手ぶれ補正が無かったら、屋台ごとブレブレになる所です。

そしてこちらは、ワンダーブックにも載っている「歩きながらウエストレベルでライブビュー撮影」の図です。
南越谷 阿波踊り(E-510)
1/10秒

この位置(高さ)で歩きながら撮るというのは、手ぶれ補正とライブビュー機能の合わせ技ならではですね。

あ、そうそう!
阿波踊りを見に行ったんです。
こちらは、例によって「観客の頭越しのライブビュー撮影」で撮ってます。
南越谷 阿波踊り(E-510)

今回は、撮影ポイントまで多少距離があり、キットレンズの14-42mmでは足りなかったのが現状。
出来れば、もう少し望遠側のレンズが欲しい所でした。
手ぶれ補正効果は、当然望遠側の方が必要となる機能ですから、是非とも試してみたかったですね。。。

今回の様な暗いシチュエーション以外にも、手ぶれ補正機能の活躍するシーンは意外とあります。
・走っている動物やレースなどの流し撮り
・マクロ撮影
・望遠レンズを使っての撮影

などですが、その全てで4段分の手ぶれ補正が有効というのは、全く心強い機能です、ホント。




それから、今回はもう1つ。
おそらく、Olympusさんが他社に1歩リードしているのでは?と思われる機能、センサーのゴミ取り機能についてです。
Olympusさんの場合はダストリダクションシステムと言います。
これは、撮像センサーの手前に「スーパーソニックウェーブフィルター」を配置し、超音波でフィルターを高速で振動させ、ゴミを強力にはじき飛ばす方式だそうです。
実は、このE-510のモニターをする事になってから、レンズが1本しか無いにもかかわらず、毎日必ずレンズを外してマウント部を外気に晒させて頂きました(笑)
短い期間のモニターなので、この位はしても良いですよね?Olympusさん!

さて、それでは検証。

まずは、購入してもうすぐ1年半になろうという私の相棒EOS5D。
このカメラは、ゴミ対策としては一世代前の機種なので、ゴミの対策装置は付いていません。
まだ、購入後一度もメンテナンスには出しておらず、普段のレンズ交換の際の注意と、ブロアーでゴミを飛ばす事だけで済ませています。
この記事を書いた時点での、センサーに付着したゴミの状況が。。。コレです!!
5Dネガ


ゴミが付着してるの、解りますでしょうか?
ネガ反転しているので、白い丸いのがゴミです。
画像をクリックして拡大してみて下さいね!
右上方向と右下方向に、それぞれ目立つゴミが複数個。
左上方向と真ん中やや左側にも、拡大すると確認出来ます。
このゴミは若干粘着質なゴミと思われ、ブロアーでは退治できません。

このゴミが、写真にどんな影響を与えるか。。。というと。
(先日のひまわりの写真です)
今年のひまわりの写真

左上の空に、ゴミが見事に写り込んでいます。
普段は、ゴミの位置が解っているので、ブログやFlickrなどに掲載する時には手作業で消してますが^^;

それでは、一ヶ月間ゴミが入るように仕向けたE-510はと言うと。。。
E-510ネガ

こんな状況です。
ハッキリ言って、スゴイです!
実際にレンズを外して撮像センサー方向へ風を当てたり、ホコリが舞っている様な場所でもレンズを外したりしたのですが、この結果は十分にゴミを取っているのが解ります。
メーカーによって、このゴミ取り機構は色々あるようですが、ネット上の口コミを見てもゴミ取りの機能に関しては、Olympusさんが抜きん出ている様ですね!

※撮像素子にゴミが付着しているかどうかの確認方法
1.ISOを100に設定。
2.絞り優先モードで出来るだけ絞ります。(F22など)
3.フォーカスモードをマニュアルフォーカスにして無限遠に。
4.手ぶれ補正機構はOFFに。
5.白っぽい壁などに向かって1m位の距離でわざとぶらせた写真を撮ります。
★撮れた写真はどこにも焦点が合わずに白っぽい写真というだけ。
この状態で拡大すると、ゴミがあればハッキリ写るはずです。
画像処理ソフトに「ネガ」の効果があれば、白黒反転するともっと解ります。
あなたのデジタル一眼レフも、チェックして見てください(^^)

今、Canonも含めて各社メーカーも総合ゴミ対策を出してきていますが、やっぱりこの分野に関してはOlympusさんのダストリダクションシステムは信頼性が高そうです。




さて、そろそろモニター期間も残り少なくなってきました。
この夏、カメラを2台ぶら下げて出かけたり、営業車の助手席にE-510が陣取っていたり、この一夏いつも手元に置いていました。
残り僅かな期間、E-510ならではの写真が撮れれば良いな。。。と思う今日この頃です^^;

キャンペーンバナー

オリンパス デジタル一眼レフカメラ 「E-510」








-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

ノーリード反対バナー

このブログは、飼い主の安易な考えによるノーリードに反対します!
「リードは犬の命綱」
私の大切な愛犬の運命は、私が握っています!
だから、一時の楽しみの為に大切な愛犬のリードは放しません!


このバナーとは別に、mixiでも
「犬のノーリード。。。絶対反対!」
というコミュニティを開いています。是非ご参加下さい!


-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

この記事に対するコメント

はじめまして

はじめまして!E-510のB-Promotionレビューをしている方のリンク繋がりで来ました。
ダストリダクション機能についてのレポートが凄いです!!
この機能がとても役に立つって事が分かりました。
オリンパスもこれだけやってもらえば、かもねぎさんにレポしてもらった甲斐がありましたよね(*^.^*)

最後のレビュー楽しみにしています!

【2007/09/11 22:04】URL | rinkochan #-[ 編集]

■rinkochanさん
立ち寄り頂いて、ありがとうございます。
縁あってE-510を使わせて頂いてます。
このダストリダクションシステムは、実際の結果もそうですが、ネット上のクチコミでも他社のシステムと比べて一歩も二歩も進んでいる機能だと思いますよ!
E-510ユーザーさんの様ですが、安心して屋外でレンズ交換しても大丈夫みたいです(^^)
今書いている那須旅行に、E-510を持って行ってますので、また記事にしますね!

【2007/09/11 23:16】URL | かもねぎ #GARAOaU2[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/297-26626a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。