Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Olympus E-510 那須旅行 -その3- =B-Promotion=

南が丘牧場

Olympus E-510 + ZUIKO Digital ED14-42mm f3.5-5.6

Olympus E-510をB-Promotionさんからモニターとして提供頂き、使用しています。

那須の旅行記が続きますが、当然今回も車でGO!です。
なのでやっぱりE-510もお供に連れて行きました(^^)
が、そろそろこのE-510のモニター期間も終了が近づいてきてしまいました。
なので今回の旅行記で使用した分と併せて、総括ですね!


今回の旅行、我が家は言わずと知れた、パピヨン3頭連れ。
飼い主は夫婦2人だけなのですが、この子らと来たら結構運動量も多いので、奥に面倒を任せっきりになんて当然出来ません^^;
なので、この旅行では撮りたい写真にレンズバリエーションが不足してしまい、E-510での撮影はこの牧場だけどなってしまいました。。。

基本的に、現在手元にあるレンズは[ZUIKO Digital ED14-42mm f3.5-5.6]というキットレンズ。
やはり、一番使い勝手が良いのはスナップ撮影とチョイ寄りの写真かな?と思います。
意外と描写力はありそうですから、お散歩撮影としては十分な性能ですね。
さて、まずは作例と旅行の続きを。。。




前の記事と後先になりますが、初日宿に入る前に立ち寄ったのが、この南が丘牧場。
牧場入り口

那須が、今ほど観光地として賑わう以前から、ここで牧場観光をしている老舗です。

ただ、ワンコ連れには入場できる場所に制限があり、動物がいる奥の方には入る事が出来ません。
防疫上当然ですね。
と言う事で、こたろう達は涼しい事もあって、車中でお留守番。

早速、飼い主は乾いた喉をソフトクリームで潤します^^;
採りたての牛乳から作るソフトクリームは、やっぱり旨い!
ソフトクリーム


土産も、今のうちにゲットしておこうと物色。
買いませんでしたが、こんな恐ろし気なものも!
「スズメバチの蜜蝋漬け」です。
スズメバチの蜜蝋漬け!


そして、ここから先がワンコ禁止の区域。
牧場の動物たちや、その他遊戯施設などがあります。
ワンコはこの先立ち入り禁止!


乗馬体験が出来るエリアでは、もうコスモスが綺麗に咲いていました。
秋の訪れは、こちらの方が早そうです。
もうコスモスが。。。

(ライブビューとMFによる置きピンで撮影)

本当は、この牧場の名物は「ペロシキ」。
ピロシキじゃありません、ペロシキです(^^)
が、これを食べてしまうと晩ご飯が入らない。。。と踏んだ夫婦は断念。
私だけ、せっかくだからと牛乳を飲んでみました!
絞りたての牛乳は絶品!

(テーブル上に置き、ライブビューでホワイトバランスを調整して撮影)

やっぱり濃厚で旨い!
牧場でのひと時は、こういう美味しいものがあるので止められません!

本当はハム工房やロックガーデンなどにも興味があったんですが、お留守番の3パピの事もあったので、後ろ髪を引かれながらも車に戻ってお宿へ向かったのでした。。。




★さて、ここまでおよそ1ヵ月半の間、このE-510を使って来ました。
私の普段の撮影スタイルの標準は、絞り優先モードでの撮影です。
この1ヵ月半の撮影も、基本は絞り優先モードを使ってきています。
それは、普段から一眼レフで写真を撮る事が多いので、自分の撮りかたというかスタイルの様なものが出来上がってしまっているからなのですよね。

ところが、このE-510を手にする方の中にはコンデジからのステップアップ組の方々も多いと思います。
何と言っても、コンパクトなデジタル一眼レフに、テンコ盛りの最新機能を盛り込んだエントリークラスの1,000万画素機ですから。
そこで、コンデジから移行を考えている方が参考になる、各種撮影モードをご紹介しておきます。

このカメラには絞りやシャッタースピードをコントロールしながら撮影できる「応用撮影モード」と、それぞれのシチュエーションでカメラ任せで撮影できる「かんたん撮影モード」があり、モードダイヤルで合計11項目を選択できます。

 応用撮影モード
  ・プログラム撮影(P)
  ・絞り優先撮影(A)
  ・シャッター優先撮影(S)
  ・マニュアル撮影(M)
 かんがん撮影モード
  ・オート(AUTO)
  ・ポートレート
  ・風景
  ・マクロ
  ・スポーツ
  ・夜景&人物
  ・シーンモード(SCENE)

ここまでは他のデジタル一眼もほぼ同じ様な機能は装備されてますね。
ただ、このE-510の場合は更に細かい設定が可能です。
最後にあった「シーンモード(SCENE)」に合わせると、背面液晶からのメニュー呼び出しで更に詳細なシーンに合わせたモードが選べます。

  ・ポートレート
  ・風景
  ・風景&人物
  ・チャイルド
  ・スポーツ
  ・ハイキー
  ・ローキー
  ・ぶれ軽減
  ・マクロ
  ・ネイチャーマクロ
  ・キャンドル
  ・夕日
  ・打ち上げ花火
  ・文書
  ・パノラマ
  ・ビーチ&スノー

以上18項目。かなり豊富ですよね。
ただ、普通はこういうものが多ければ良いというものではありません。
が、このE-510の場合は使いこなしやすいです。
シーンモード(SCENE)に合わせた上で背面液晶を見ながら設定するのですが、それぞれを表示しただけで詳細な説明が入っています。
マニュアル要らずで選んでいけるので、一眼レフだからと言って恐れる事は無さそうです(^^)

こういうかんたん撮影モードでこのカメラに慣れて来たら、是非応用撮影モードを積極的に使って表現して行くと良いと思います。


★それから、ネットなどでOlympusのデジタル一眼について調べていくと出てくるのが「オリンパスブルー」という言葉。
実は、前モデルまでのOlympusのモデルは、独特の青空などの青の表現力が特徴だった様です。
このE-510でも同様なのかと思ったのですが、コンセプトが若干変更されている様です。
「自然な色を再現する」という事に主眼を置いているらいのですが、これはユーザー側で設定変更が可能です。

このE-510には、4種類の仕上がりモードとフィルター効果が設定出来るようになっています。
この内の「仕上がりモード」が、出荷時にはNATURALになっているのですが、VIVIDを選択する事によってオリンパスブルーが再現出来るらしいのです。
また、仕上がりモードで「モノトーン」を選択した場合は、銀塩のモノクロフィルムを使用する際の表現技法の1つ、フィルター効果が同様に再現出来る様になっている様です。
フィルター効果を上手に使うと、特定の色域のコントラストを自由に調整できるので、モノクロ写真の表現力が随分上がるらしいのですが、残念ながら私にスキルが無いので何とも。。。^^;

ただ、ポジやネガ、カラーやモノクロなどのフィルムを選ぶ感覚で、この4種類の仕上がりモードとフィルター効果を使っていけば、随分表現力が上がるのではないでしょうか。


★そしてもう1つ目に付いた特徴。
最初に箱から出した時から感心した事ですが、記録メディアのデュアルスロットが装備されている事。
これは、私が愛用しているCanonでは上位機種にしか用意されていない装備です。

最近は記録メディアも値段がこなれてきて、2GBや4GBなどを持つのは当たり前。。。になってきました。
旅カメラであるE-510も、出来るだけ余計な物を持たずに旅に出たいものですが、この記録メディアが大容量になるほど一枚で済む様になります。
ところが、何かの影響でエラーが出てしまうと大事な写真が撮れなくなる。。。
その時、デュアルスロットで別の記録メディアが用意されていれば、記録先の指定をしなおすだけでOK。
こういう部分は、やはり安心という意味では心強い装備だと思います。

ただ、問題はxDピクチャーカードが若干高めな事でしょうか^^;




こうして書いてみると、やはりこのカメラはエントリー機として欲しい機能が十分に用意されていると言う事が解ります。
他社のカメラと比較されやすい機能「ボディ内手ぶれ補正」「ゴミ取り機構」「画素数」「大きさ・重さ」「価格」「ライブビュー機能」などは、雑誌や店頭の機能比較表などで一目瞭然。

このカメラの真骨頂は。。。
軽くて小さなボディ。
初心者でも気軽に自分の撮影スタイルを見つけられる豊富なモード。
最新のデジタル一眼の機能を網羅。
という部分だと思います。

デジタル一眼を初めて手にして、不安を持たずに気軽に旅に持ち出せる。
そんなデジタル一眼レフに仕上がっていると思います。
銀塩のハーフカメラPEN-D3を使っている私としては、いかにもOlympusさんらしいデジタル一眼レフであると評価したいと思います。
ひとまずE-510のレビューは終了ですが、機会があったら是非今後発表が待たれている、新型のE-3(?)も触ってみたいなぁ。。。(^^)


キャンペーンバナー

オリンパス デジタル一眼レフカメラ 「E-510」






-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

ノーリード反対バナー

このブログは、飼い主の安易な考えによるノーリードに反対します!
「リードは犬の命綱」
私の大切な愛犬の運命は、私が握っています!
だから、一時の楽しみの為に大切な愛犬のリードは放しません!


このバナーとは別に、mixiでも
「犬のノーリード。。。絶対反対!」
というコミュニティを開いています。是非ご参加下さい!


-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/305-905af3e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。