Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


埼玉県動物指導センターに立ち寄りました&それとは別に怒り心頭な事!

記事とは別にこちらのノーリード問題にもご意見下さい!

The setting sun
[Flickr]SIGMA APO MACRO 150mm f2.8 EX DG HSM

記事とは関係ない写真かな?
荒川の夕日です。
この所、複数の里親募集の一時預かりさんのブログを読み進めていて、自分でも現実を直視しておきたいと常々思っていましたが、仕事で浦和方面に出たので時間を作って立ち寄ってみました。
埼玉県動物指導センターです。


特に何の手続きをしに行くという事ではなく、少しでも現状を知る事が出来たら。。。と思っての立ち寄りだったのですが、結果的には行ってみて良かったです。

まず、アポイントも無しで行ってますから、当然見学などは出来ません。
見学など出来てしまったら、自分としてもショックが大きいと思うので返って良かったのですが、職員の方が時間を割いてお話して下さいました。

埼玉県動物指導センターは、さいたま市の動物愛護ふれあいセンターとは運営が別。
後者はさいたま市が政令指定都市になった関係で作られた施設だそうで、対象がさいたま市内となっているようです。
私の住む春日部市は、各地区の保健所を管轄しながら熊谷に本所を置いているとの事。
この日訪問した浦和のセンターは、支所という立場になるそうですが、場所柄本所と変わりなく忙しくされているようです。
万が一、地元でうちの子が迷子になると、基本的にこちらを中心に確認して行く事になる訳です。

元々私がここに立ち寄りたいと考えたのは、殺処分されてしまう子達と里親さんの候補者の現状を知りたかったのと、そこから自分に出来る事が何か見えてくるかな?と思ってのことだったのです。

ただ、お話を聞いたことで、まだまだ自分の認識が全く不足している事と、自分に出来る事は「まずブログでこういう現実を伝えて行く事」なんだと思いました。
埼玉県では、年間の保護頭数は4,000頭台だそうです。
保護される理由は様々。
他県などと比べると、少ない方でもある様です。
ずっと以前は、年間20,000頭以上の保護頭数だったそうなので、まだまだ多いとは言え減ってきているのだそうです。

そして、今回話を聞いて安心できた事が2つ。
少なくとも埼玉県の現状では子犬の里親希望者が多く、現在でも35件程度の「順番待ち」状態なんだそうです。
健康な子犬であれば、里親希望の方がたくさんいるという現実に、少し安心しました。
近隣の都府県などは、まだまだ里親希望の方が不足している現実もあると聞いているので、こういう部分は横のつながりを上手に生かして行くことが出来れば一番良いのですが。。。
もう1つは、成犬の里親希望の方にも複数回のふれあいトライアル期間を設け、飼い主の資質やしつけの指導も行い、その犬との幸せな生活が送れるかどうかの(相性も含めて)見極めをしてお渡ししているんだそうです。

更にお話をしていて、とても共感できた事。
今センターにいる子を救い出す事だけが愛護なのではない。大切なのは自分の飼っている動物を終生しっかりと面倒を見て、最後を看取ってあげる事こそ大切なんだとしきりに言っていた事です。
止むを得ない事情で一緒に暮らせなくなったとしても、その子の新しい家族を探す努力もして欲しいと。
人間にとって止むを得ない事情であっても、犬や猫の立場から見ればそれが命と引き換えになるなんて全く納得いかないこと。
だから、センターに持ち込まれる前にその子の一生を送れる所を探してあげるのが、止むを得ない場合の本当の動物愛護だと。
その考え方には全く異論は無いのです。が、このセンターでこの部分を力説されるとは実は想像していませんでした。
もう少しお役所然とした対応や、日々の繰り返しによる麻痺してしまった感覚を持った方々とお話する事になると覚悟して訪問したのですが、少なくとも今回訪問してお話を聞いた限りではそんな事はありませんでした。

そして私などが不幸なワンコ達の事に目を向け始めたのは良いのですが、自分で出来る事は本当にたかが知れています。
そこで、まず出来る事はブログを通じて不幸なワンコ(当然猫やその他の生き物も)が少しでも出ない様訴えていく事がまず最初に出来る事なのかな?と思います。

センターを出るとき、入り口にあったポスターに目が行きました。
たくさんの首輪の写真。
「あなたの家族の形見です」
とありました。
捨てる前・持ち込む前・それ以前に不用意な繁殖や購入をする前に、是非目にして欲しいポスターでした。

機会があったら、お住まいの地域の動物愛護センターに目を向けてみてください。
私が感じたのとはまた違った思いで、センターの事が見えることも多いかもしれません。
その時は、是非この記事へトラックバックをお待ちしてます。

このブログでは、今後もノーリード問題と同時に「捨てられる動物を減らす為」の記事も書き綴っていこうと思いますので、よろしくお願いします!

秋ヶ瀬橋
[Flickr]




さて、センターのお話はここまで。
こんな、色々な考えをしながら終った1日ですが、最後に最悪な事に出会ってしまいました!

仕事を終えて、そろそろ21時になろうかという時間に帰宅。
このブログでも度々書いていますが、私は営業車での通勤をする立場です。
「今日はセンターで良い話が聞けた。。。」などと思いながら最後の角を曲がって自宅へ。
そしたら、薄暗くなった我が家とお隣さんの境界辺りから、一組のワンコと飼い主の姿が動き出し、小走りに立ち去ります。
ちょっと「?」と思って元いた場所まで車を進めると。。。
そこにはコロコロのウンPが!!
「さては!!」と思ってそのまま車で先ほどのワンコ連れが曲がった方へ行ってみると、こちらを振り返りながら小走りで離れていきます。
こちらは車で良かった。。。
すぐさま追いついて「今、こちらのワンちゃんがウンPしたのを放置しませんでしたか?」と声をかけたところ、あっさりと「すみません」との返事。
呆れました!!
他人の敷地の玄関前に、愛犬のウンPをさせておいて、通行人が来たら急いで逃げる!?
更に追いついて気がついたんですが、手に何も持っていない!!
しかもあろう事か、我が家から4~5件離れた家のワンコの様なのです。
我が家は48棟の新興住宅地。
そのお宅は、この新興住宅地に隣接する古くからのお宅です。
本来近所付き合いもある位の位置関係ですが、そんな関係からほとんど行き来はありません。
が、お宅のご近所付き合いはコレかい!?

「すぐに片付けます」というその飼い主は、どうやら一旦自宅に戻ってワンコは置いて来たらしく、一人でコンビニ袋を持って現れました。
「うちも犬を飼っているけれど、夜の散歩をするのに何も持っていないなんてありえないでしょう?少なくとも処理袋と懐中電灯が無ければ処理できないでしょう?」と問いかけた所、当たり前ですが何も言い返せず、さっさとコンビニ袋にウンPを拾って「すみませんでした」と謝って立ち去りました。

この分では、普段から落ちているウンPのいくつかは、きっとあのお宅の仕業なんだろうな。
下手をすると、気がつかないうちに自宅の庭回りの境界辺りに、平気でチッコなんかもガンガンさせているんではなかろうか。。。

ただ、今回現行犯で発覚した事から、あのビーグルを連れた「あの家のご家族」が散歩をしていたら、必ず何を持っているかチェックする事になるでしょう。
もしまた何も持っていなかったらその時は。。。。

おとうしゃん、怖いんだからね!!(爆)





ノーリードのワンコ・飼い主を減らす為、捨てられる動物を減らす為、このブログを目立たせようと思います。
放ったらかしだったブログランキングに、もう一度力を入れる事にしました。
ノーリードはダメ!動物を捨てるのはダメ!と思ったら、ポチっとお願いします!
 ブログランキング・にほんブログ村へ ペット(犬) ブログランキング





-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

ノーリード反対バナー

このブログは、飼い主の安易な考えによるノーリードに反対します!
「リードは犬の命綱」
私の大切な愛犬の運命は、私が握っています!
だから、一時の楽しみの為に大切な愛犬のリードは放しません!


このバナーとは別に、mixiでも
「犬のノーリード。。。絶対反対!」
というコミュニティを立ち上げています。是非ご参加下さい!

-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

この記事に対するコメント

 ノ-リ-ド問題同様、散歩にも地域差はあるね。
ここらあたりでは、何も持たずに散歩がよく見受けられます。
もちろん、ちゃんとしかるべき処理をする人も居ます。
飼い主の意識ひとつだとは思うのだけど。

 昨日配達中、配達先の子犬に反応し、向いの家から脱走し、道路に出てきてしまった犬くん。
脱走してきた家からは、ちょっとした騒動の模様。
知らん振りできひん。
逃げると追ってくると思い、犬に向かって歩くと・・・・
逃げてきた家に向かい、無事飼い主と遭遇。
飼い主様が、ちょっこり頭を下げてくれました。
しっかり、管理してねぇ。

【2008/03/12 10:41】URL | 川! #-[ 編集]

放置ウンPの問題はどこでも一緒ですね。
毎日のお散歩中、放置ウンPを見ないですむ日は、ほとんどないですし。
以前友人が、マンションのエレベーターの中で放置ウンP(それも大型犬と思われるもの)を見て
ホントにびっくりしたと言っていました。
きちんと処理をしている人間からすると、手ぶらでお散歩に出るという感覚がわかりません。
ノーリードの問題にしても、放置ウンPの問題にしても、基本的な飼い主のマナーが問われますよね。

【2008/03/12 13:07】URL | やよ #lEEnYewM[ 編集]

動物指導センターに行かれたんですね。
我が家の近くにも動物愛護センターの支所がありますが、なかなか機会もなく訪れた事はないんです。
かもねぎさんの行動力に感服します。
ウンPの件、ひどいですv-413
悪いとわかっていてするなんて最低ですよね。
飼主達がマナーやモラルを守って幸せなワンコが1匹でも増えるよう願っています

【2008/03/12 18:34】URL | pakuko #-[ 編集]

かもねぎさん、素敵だ!!かっこいい!!
少なくともその飼い主さん、きっとこれからは袋持って歩くはず。
うちの前もお散歩コースなので植え込みの中とかによく置き去りにされます。クソーって思う(笑
チッコの臭いも悩みのタネ。

新潟では動物愛護センターで保護した動物たちは個人宅で里親が見つかるまで預かるんだそう。
手厚い保護活動には本当に頭が下がりますが、そこに甘えて置き去りにされるケースもあるようです。

【2008/03/13 08:00】URL | mika #-[ 編集]

■川!さん
お仕事柄、あちこちで色々な方と接してますよね。
そちらの方面でも、地域差はありますか。。。
何も持たずに散歩、私なんかからすると考えられないんですけどね~^^;
ノーリードもフンの放置も、ワンコを飼う立場をどんどん悪くするだけだと、どうして気がつかないのか不思議です。

配達中に出会った子犬、出会ったのが川!さんで良かった。
飼い主の考え方1つで左右される命があるって、飼い主はそれぞれ自覚して欲しいですね。


■やよさん
そちらでも放置ウンPは多いですか?
こちらでも、今まで放置ウンPはフリーで散歩に出す、昔ながらの田舎の風習からだけだと思っていましたが、まさか手ぶらで散歩に出る飼い主がご近所にいるとは想像してませんでした^^;
エレベーターの落とし物、それはまた凄いですね。
人間の物と勘違いしてくれる。。。とか思ったのでしょうか!?(笑)


■pakukoさん
センター、実際に保護されているワンコと会う事はありませんでしたが、とても熱心な職員の方とお話出来ました。
こういう仕事、好きで出来る事じゃありませんね。
pakukoさんも、機会があったら訪れてみて下さい!
それにしても、ウンPの件は最悪でした。。。
寸前で逃げればばれないとでも思ったのでしょうか?^^;
飼い主って、自分達が社会に認められなくなる様な行動をしちゃいけませんよね。


■mikaさん
お褒め頂いてありがとう♪
次からは袋もって歩いてくれると良いんですが。。。
こういう意識って、家族が共有してますよね?
なので、あの方が自宅で家族全員に言ってくれているかどうかが重要かな。。。なんて思ってます。
mikaさん宅も、お散歩コースですか。
庭の手入れをする時なんか、ちょっと嫌ですよね。
うちも、お散歩の時は他人様の家の周りは絶対させません!
新潟のセンター、そういう活動は凄いですね!
関東のセンターも周りでボランティアで救っている方々も、全ての命が救えない程の数がいる事が問題なんだと言ってますよね。
まずは捨てない。どうしてもなら自分で責任を持って里親さんを探す。当たり前の事が出来ない関東地方。。。な感じでしょうか。

【2008/03/13 08:25】URL | かもねぎ #GARAOaU2[ 編集]

雪が融けてきた、我が家の周りは
凄いです!!
ワンちゃんたちのお散歩コースの途中にあるので
たくさんの方が通られるんですが
冬になると袋を持たない人が多いように感じます。

用を済ませた後、雪をかけていくんです。

だから雪が融けてきた今
あっちにもこっちにも。住んでいる人のことも考えて~~~

【2008/03/13 17:13】URL | 虎太郎ママ #-[ 編集]

■虎太郎ママさん
そ、そ、それは凄すぎます!
想像してみましたが。。。
冬の間は、たくさん降る雪がずっと積もっているので、雪に埋めたウンPは見えないのですね?
で、雪の下でコチコチの冷凍ウンPとなって保存されている。。。と。
でもって、雪解けと共に自然解凍されたウンPは、発生当時のホヤホヤのウンPに戻っちゃうんでしょうか??
しかも見えなかったウンPがあちこちから大量に!!

それは大問題ですね。
ワンコが好きでない方からしたら、社会問題です。
ワンコ飼いの側でその事に気が付いて、自らマナーの改善を進めていかないと、その内冬の間のお散歩禁止なんていう条例でも出来てしまいそうですね。。。^^;

【2008/03/13 19:53】URL | かもねぎ #GARAOaU2[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/418-a39ced2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。