Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


飼い主の責任

記事とは別にこちらの のカテゴリー にもご意見下さい!
それから、公園や河川敷などでノーリードにしている画像を堂々とブログに載せる事、やめませんか?



埼玉県のポスター

埼玉県で使われているポスターです。
とても悲しくなる、そんなポスターです。
埼玉県動物指導センターに貼ってある他、市役所の畜犬登録をする窓口にも貼ってあります。
犬や猫(特に犬)を飼っているご家庭では、ここに載っている首輪というものは日常「うちの子の印」として付けてあげていると思います。
その「うちの子の印」が、なんでこんなに悲しい形で形見にならなければいけないのか。。。

私のブログは、幸か不幸か「ワンコブログ」でありながら、私の趣味とも言えるカメラ機材の記事のおかげか、デジ物をキーワードにして検索して来て下さる方が本当に多く、ありがたく思っています。
ワンコを目的にこのブログにやって来てくれるほどの方は、恐らく愛犬を自分で持ち込む様な事をする方はいないのでは無いかと思っています。(というか信じています)

その為に、この記事は敢えてワンコに関係ないキーワードでこのブログに辿り着いて下さった方へ、現実を知っていただくのを目的にアップしてみたいと思います。
このブログで、人間と犬・猫を取りまく現実をほんの少しでも感じて頂き、周囲の飼い主が手放そうとするのを見かけたら、ちょっとだけでも引きとめて下さるキッカケになればと思います。


過去に、私のブログで動物愛護について書いた記事は、こちらのカテゴリーにまとめています。




そもそも、うっすらとは知っていた物の、具体的に犬や猫が捨てられる現実に目を向けることになった経緯は。。。というと。
Flickrでヤリトリしている方のプロフィールに、1つのリンクが貼ってあったのが始まりです。
それは「いつでも里親募集中」へのリンクでした。



サイトへ飛んでみて、そこが全国の犬や猫の里親を広く募集している公開掲示板のような物である事を知りました。
私のブログでも、もしかしたら少しの手助けになるかもしれない。。。
そんな思いから、自分のブログにも同じリンクを貼る事にしました。
そして、私は1頭のパピヨンを見つけることになったのです。


その子は、千葉県で個人ボランティアとして活動している方の許で里親さんを待っている子でした。
ぷりんママさんが書いているブログ「垂れ耳立ち耳奮闘記」です。


私がそのブログで出会ったパピヨン君は、夫婦で良く話し合ってお問い合わせをした結果、もうすでに赤い糸を手繰り寄せていた後でした。
恐らく、我が家に来るより幸せに過ごせそうなお宅^^


それからです。自分で埼玉県動物指導センターに足を運んだり、いつでも里親募集中をチェックする様になったり、週刊誌で殺処分される動物の記事が特集されたり、テレビで同様の特集がされたりするのを欠かさずに見て行くようになったのは。


そして感じたのは、知れば知るほど理不尽な話である事。
人間が、利益の為に命を生産し、きらびやかなショーケースで命を販売し、可愛いからと気軽に買い求め、いらなくなった。。。引越しをする。。。躾が出来ない。。。子供が生まれた。。。と言って、気軽に捨てるという現実でした。




それ以来、色々と考えましたね。
頑張っているボランティアさんにも当然限界はある。
救い出す命よりも、もっと多くの持ち込まれる命があるから、殺処分が無くならない。
一方で人間の都合で殺してしまっているのに、一方では当たり前の様に生ませているから持ち込まれる子が居なくならない。


だから、本当は。。。
・個人繁殖も
・ペットショップなどでのショーケース販売も
・避妊・去勢をしないままの外飼いも
みんな無くしてしまわなくてはいけないんです、本当は。。。。
避妊・去勢が徹底されれば、望まれずに生まれてくる子はいなくなる。
マイクロチップが普及すれば、人間が動物の命に対する責任感が今よりも増す。
迷子にさえしなければ、手違いで無くす命も無い。
それが、人間にとっても動物にとっても、一番いい事なのは間違いないんです。




私がダラダラと書いても、あまり伝わりませんね。


私にこういう世界が現実にあるんだ。。。と教えてくれた、ぷりんママさんのブログで、今年も愛護センターでの現実を垣間見れます。
千葉県のセンターですが、ほぼ同じ事が日本全国の自治体で行われています。
一部、熊本県の様に「殺処分ゼロ」を目指して具体的な活動をし、効果を上げている自治体もある様です。


ぷりんママさんの愛護センターの記事は
こちら と こちら
一緒に行かれたボランティアさんのブログも、リンクされています。


カメラ関係で検索して、このブログにたどり着いた方。
是非、リンク先から現実を見てやってください。
飼い主が、もっと考える事ってあるはずです。
まわりにいる、飼い主さん達に「避妊・去勢してるか?」と、聞いて下さったら本当にありがたいです。
「責任持って、飼っているか?」と、聞いて下さったら、それだけで助かる命があるかもしれません。


ブログを持っている方、何か感じる事があったら、自分の言葉で記事を書いてみませんか?
もしかしたら、それで救われる命があるかもしれません。
ネットの力って、バカにできませんから!



我が家では、最近になって菊次郎が家族に加わってくれました。
でも、4頭も一緒に暮していると、里親としてもっと引き取るなんて無理かな?と思ってます。
いずれ、こたろう・もなか・かるび・菊次郎が老衰で亡くなったら、その頃には私達夫婦もシルバー世代に入りますから、その先新しい子犬を迎えたら一生を看取って上げられないかもしれません。
だから、その時が来たら預かりボランティアをさせてもらおうと思っています。
我が家の家族は4頭のパピヨン。
その他は赤い糸を見つける手助けをしたいな。。。と、今からそんな想像をしています。






いつもポチっとありがとうございます。
このブログは、ノーリードはダメ!動物を捨てるのはダメ!と主張してます。
共感して頂けたら、またポチっとお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ





-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

ノーリード反対バナー

このブログは、飼い主の安易な考えによるノーリードに反対します!
「リードは犬の命綱」
私の大切な愛犬の運命は、私が握っています!
だから、一時の楽しみの為に大切な愛犬のリードは放しません!


このバナーとは別に、mixiでも
「犬のノーリード。。。絶対反対!」
というコミュニティを立ち上げています。是非ご参加下さい!

-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

この記事に対するコメント

こういう形で首輪が形見になるのは悲しいですね。
でも家にもバフィの形見の首輪、ありますよ!
もちろん前の子たちのもぜ~んぶあります♪
それだけはさすがにあげられませんでした^_^;

家は今でも山ほど飼ってるけど、
それでも里親募集とか見ちゃうんですよねぇ・・・
んでもって、必ず気になる子を見つけてしまうんです。
なのでやっぱり見ないようにする・・・の繰り返しなんですけど、
バフィが亡くなってからは、母も預かりをしたいと思っていたようで、実はある団体さんに預かり登録もしてるのでしたぁ~(笑)
まぁ、今の子たちはちょっと趣旨が違いますし、
そのお陰で今ストップ状態なんですが・・・
と、本末転倒状態なんです^_^;
でも少しでも何かお手伝いが出来たらいいですよね!
といっても、そんなの必要ない世の中が一番なんですけどね。
それにはまずは知ってもらうのが一番なのかもですね・・・

【2009/01/24 03:52】URL | maki #eYj5zAx6[ 編集]

殺処分された犬たちの首輪やリードはそのまんま置いていかれるみたいですね・・・

悲しいなぁ。

神戸だったかどうかは忘れましたが持ち込まれた犬はいくら新しい里親が名乗り出ても飼い主が殺処分を希望したらどうにもできないという決まりがあるらしいです。

ほんと悲しいです。不況の中こうやって消される命が増えるのかなと気が気ではないです。

でも、何もできないんですよね・・・

【2009/01/24 08:41】URL | あるはざーど #A1nIMjHc[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2009/01/24 09:52】 | #[ 編集]

こんばんわ~--;
悲しいですね。物のように捨てられ、殺処分されていく動物たち・・
何時聞いてもなぜっ!と思い気が滅入ってきます。
こんな可愛い子達を・・・
受け入れるだけは、簡単の様に思い覚悟無くして、飼い始めてしまう結果でしょうか・・・
あまりにもむごく思います。預けられた子は、迎えに来てくれると思いながら・・・・逝ったのでしょうか。
せめて家の子達だけは、最後までと思い、一生を看取る覚悟で買い始めました。
今何気なく(たまに問題もありますが^^;)、生活するには、色々な事がありました、共に楽しい生活を送るには、努力が必要に思います。またそれが愛情も深めていくのかもしれません。
より良くお互い楽しんで生活する方法は、考え方を変えれば、幾らでもあると思います。多々事情は、それぞれの方にあると思いますが、保健所に連れて行く前に色々と考えていただければと、私としては思います。
後の事は、私もあずき・いぶきを看取ってから考えようと思っています。

【2009/01/24 22:20】URL | ibu #hOjSF6e2[ 編集]

こういう現実は、知ると辛くなるから見ないようにする方も多いと思いますが(私も前はその一人でした),ちゃんと現状を知って、動物を飼っている人全員が向き合わなければいけない問題だと思います。

どんな事情があっても、保健所に持ち込んだり、捨てたりするのはゼッタイ許せないことだと個人的には思っています。(感情的に書いてしまえば、保健所に持ち込む人には,殺処分される我が子の,ガス室のボタンを押して苦しみながら消えていく命を見てほしいとも思っています)。どうしてもやむを得ない事情があるにしろ、せめて里親さんをみつけることくらい出来ると思います。

かわいそうな子たちを救いたいと思っていても全部引き取ることは勿論出来ないし、なんだかもどかしくて無力な自分に嫌になることもありますが、私たちに出来ることは、まず飼っている子たちの小さな命を責任もって最期まで大切にお世話をすることだと思います。
ペットは、人間なしでは生きていけないですから。



【2009/01/25 02:23】URL | ashlee #-[ 編集]

■たくさんのコメントありがとうございます。RESが遅くなりました。

■makiさん
バフィ君の形見、やっぱりそういう形で愛犬の形見は手元に残してあげたいですよね。
バフィ君は、本当に幸せ者だったからなぁ。。。(^^)

里親募集、見てしまいますよね。。。
お迎えしようとかそういう事じゃなくて、理不尽な運命を辿ってきた子達の事を知ってあげないと。。。という感覚に近いかもしれません。
超金持ちで、全く仕事なんかしなくても大丈夫だったら、まだまだお迎えしてしまいたい所ですが、現状ではこれ以上増えてしまうと今いる子達を幸せにしてあげる事ができなくなりそうな、我が家です^^;
makiさん宅は、預かり登録してるんですね!!
そっか、でも既に預かり状態でしたね^^;
菊次郎の事を除けば、具体的な動きが出来そうなのは老後になりそうな我が家です(^^)
今は、出来る事を少しずつ。。。ですね!


■あるはざーどさん
このポスターって、本当に深い意味がありますよね。
見ていると、本当に悲しくなります。
この、首輪やリードが「この子」という主張なのに、それを受け取りに来る家族がいないんです。。。

持ち込みの場合の殺処分の話、あちこちでそういった事を聞きますね。
ですが、先日の新聞にも出ていたようですが、これから少しずつこの国も変っていくキッカケは出来てきた様です。
数年後、処分される子がせめて半減してくれる事を祈ります。
不況も、こういう事を後押ししてしまいそうで、人間の業ですね。。。


■鍵コメさま
コメントありがとうございます。
菊の事、思いを込めて下さって感謝します!
それから、記事も読ませて頂きましたが、本当に仰るとおりですね^^
こういう事が、少しでも減っていくように、私も今出来る事としてブログの記事にしていこうと思います。


■ibuさん
動物に対する、日本人の考え方というのは、とっても幼いんだと思うんです。
我が家も、こたろうを迎えた時の事を思い返してみると、無知から来る幼さの上にお迎えしています。
こたろう達を迎えた事自体は、今思っても出会いに感謝しつつも、その時にも殺処分されていた子達が存在していたと思うと、色々と複雑な思いです。
知らない人達をターゲットにしている、今のペット産業そのものにも問題がありますし、昔ながらの避妊・去勢にお金をかけずに外飼い(一部放し飼い)して、自然の結果として生まれてきた命を粗末にするという風習も問題ですよね。
日本人の常識から変えていかないといけないのかもしれません。
それには、今はこうやって事実を伝えていく事が大事なんだと思って書いています。
あまり偉そうな事を言える立場じゃないですが、無理をしない範囲で出来る事というのを、積極的にやって行きたいな。。。と思っています。


■ashleeさん
知らないで済んでいるうちは、痛みに全く気がつかないでいられる問題なんですよね、こういうの。。。
私も、ワンコ生活が始まってから3年位は概略だけしか知らずに来ました。
気がついてからは、何とかしなくては・・・という思いで、出来る事「記事にする」をしています。
まずは捨てられる命を減らす事。
里親を探すよりも、そういう手放される命を減らす事が一番重要なんですよね。
飼い主1人1人が、まず我が家の子の最期を看取る。。。その覚悟が、殺処分を減らす一番なんだと思います。
でも、飼い主と愛犬という関係じゃない人達も実際にはいて、そういう人間が一番問題なんだと思いますが。。。
せめて、避妊・去勢がそういう飼い主(愛犬と思っていない人)に広まって行く事を願ってます。

【2009/01/28 09:42】URL | かもねぎ #GARAOaU2[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/729-bd4fdf8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。