Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


意欲的な超広角がやって来た! SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM


記事とは別にこちらの 動物愛護のカテゴリー にもご意見下さい!
それから、公園や河川敷などでノーリードにしている画像を堂々とブログに載せる事、やめませんか?



このブログは、ちゃ太郎の幸せさがしを応援してます!
よろしければ。。。バナーお持ち帰りでリンクのご協力を^^
ちゃ太郎バナー2 ちゃ太郎君について詳しくは、こちらの記事にあります!



このレビューは「みんぽす」の無償商品貸出しを利用して書かれています。(詳細は末尾で)
みんぽす



SIGMA 10-22 F3.5がやってきた!
(クリックで拡大します)

何だかデカいレンズが2つ。。。
に見える写真ですが、左上に写っている2本のレンズと40Dです。

実は、モノフェローズの皆さんから、たくさんのリクエストがあった「シグマのレンズ~!」という要望にお答え頂き、私にもSIGMAさんが1本貸し出ししてくださる事になったのです。
左上のレンズ2本のうち、右側のレンズ。。。。
SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM(For CANON AF) をみんぽすさんからお借りする事が出来たのです~!
そう、今まで発売されていた10-20mm F4-5.6ではなくて、最近新しくリリースされた、APS-C用のF3.5通しの超広角ズームレンズですよ^^
私の持っている、純正EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USMとガチンコ対抗機種のレンズです♪


実はこのレンズ、手許にやってきたのは8月の頭。
前の記事でも触れましたが、最近ちょっと仕事が忙しくなってしまい&菊次郎のケアもあり、なかなか落ち着いて記事にアップする事が出来ないでいたのです。


で、このレンズが手許にやってきたからには、比べて見たいのが「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」とどっちが良いの?を比べてみたいと思っています!

まずは見た目からチェック!!

EF-S 10-22mmと比べてみます!
(クリックで拡大します)

こうして並べてみると、一番に目に付くのがフードの大きさ。
EF-S10-22mmのフードは、案外不評なんですね。。。これが。
EF17-40 F4L USMなんかと同様のデザインなんですが、不必要と思われる位にデカいフードは収納時にとても邪魔。
カメラバッグに仕舞うのにも、EF-S17-55mm F2.8 IS USMの方がまだコンパクトに収まる位。

今回お借りした、SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSMの方は、同じワイド端10mmでありながら専用花形フードはとてもコンパクト。
これで実際の撮影時に差が無いのだとしたら、どちらのフードが良いかは一目瞭然ですね^^;

本体の方は、全体的にSIGMAの方が一回り太め。
実は、今回お借りしたSIGMAのこのレンズは、フィルター径からして違います。
EF-S10-22mmのフィルター77mmに対し、ISGMA10-20mmはワンサイズ大きな82mm。
前玉の大きさはそれ程大きな違いは無いので、このあたりは設計コンセプトの違いかもしれませんが、82mmのフィルターってとても高いので、その点は理解してから購入した方が無難かもしれません^^;

まず目につくのはフィルター径とフードの大きさ!

ピントリングやズームリングは比較的重め。
HSMを搭載しているのでフルタイムマニュアルフォーカスが可能ですが、実際にはピントリングが重めなのとピントリング位置がフィルター枠に近過ぎ、指が干渉して私には若干使いにくく感じました。
この辺は、まだUSMの方に一日の長があるかもしれませんね^^;

それにしても、このキャップの大きさとフードの大きさに、それぞれのメーカーとしての設計者のポリシーが感じられます(^^)


作例は、営業車に積み込んでチョコチョコと撮っているので、後ほど別の記事でズラズラと挙げてみます。
この記事では、チラリと2点ほど。。。


東京外かく環状線

東京外かく環状道路
オリジナルサイズはこちら


元荒川と夕日

元荒川と夕日
オリジナルサイズはこちら


ひとことで言うと、使いやすいです!
フードが比較的小さい分、取り回しも思ったより邪魔にならない。
上記の様な撮り方の場合は基本的にF8以上に絞ってしまうので、特徴の一つであるF3.5通しの恩恵は実感しにくいですが。。。^^;

解像感もまずまずです。
三脚を使った撮影で、じっくり検証してみないといけませんが、それはEF-S 10-22mmと一緒に撮影して比較してみたいと思っています。


さて、SIGMAの超広角がやってきた事で、誰でも一度は興味を持つ事を検証してみました。
「フルサイズに付けたら、どの位ケラレるのか?」
という事。

純正のEF-Sレンズシリーズは、そもそもフルサイズのボディには取りつけ出来ない様な仕組みになっていますが、SIGMAをはじめとしたサードパーティ製のレンズにはそういう制約はありません。
デジタル専用設計というのは、基本的にイメージサークルの大きさをAPS-C用に設計してあるという事で、このレンズの様に10-20mmという焦点距離はフルサイズでも同じ価値があるんですね。
なので、正当な使い方ではありませんが、どの程度使えそうなのか。。。を、100%ファインダー視野率を持つEOS-1Vで覗かせてもらいました(^^)
被写体は、何にも気にせずに簡易撮影ブースをそのまま(爆)


サードパーティーのAPS-C用はフルサイズでもちょっと使えます!
(クリックで拡大します)


ファインダーからの像を、携帯電話のカメラで撮ったので解像度はイマサン。。。という所ですが、右側に並べた写真は上から「10mm」「14mm」「20mm」です。
ファインダーの外も黒く見えるのでケラレの範囲が解りにくくてすみません。。。^^;
基本的に、一番下の20mmの写真、全くケラレていません。
そして、ファインダーの範囲は上も中も同じ範囲ですので、それと比べてもらえばどの程度ケラレが発生しているか解っていただけそうかな?
面白いのは、そのケラレの形。
普通はイメージサークルが円形ですので、四隅からケラレが見えてくるものなんですが、このレンズは後玉側が四角い枠が設けられている分、四角くケラレが発生してます。
なので、ちょっとこの写真では解りにくくなっちゃうんですけどね^^;

ファインダーで見る限り、14mmあたりからケラれる事なく何とか撮れそうです。
レンズの基本設計がAPS-C用に作られているので、解像度うんぬんを気にする方には当然お勧め出来ませんが、緊急的に超広角レンズを。。。という事であれば代用が効くかも^^;

ま、あくまでお遊びの使い方ですので参考までに。。。(^^)




このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」が無償で提供しています。本レビュー掲載は無報酬です。
また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)









このブログは、ちゃ太郎君の幸せさがしを応援してます!

ちゃ太郎バナー1




いつもポチっとありがとうございます。
このブログは、ノーリードはダメ!動物を捨てるのはダメ!と主張してます。
共感して頂けたら、またポチっとお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ





-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

ノーリード反対バナー

このブログは、飼い主の安易な考えによるノーリードに反対します!
「リードは犬の命綱」
私の大切な愛犬の運命は、私が握っています!
だから、一時の楽しみの為に大切な愛犬のリードは放しません!


このバナーとは別に、mixiでも
「犬のノーリード。。。絶対反対!」
というコミュニティを立ち上げています。是非ご参加下さい!

-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

この記事に対するコメント

広角レンズ

作例2つ共良いですね・・・・・。
おかげで欲しくなったと(笑)

シグマレンズ持ってないので、候補にあげても良いかなと
思いつつ、USM付きのレンズをそろそろどうなのよとか
妄想しております。

EF-S10-22の絵もヨロシクです(笑)

【2009/08/11 15:38】URL | 川! #-[ 編集]

また、楽しそうなレンズを借りられましたね。ほんと、かもねぎさん
の記事を読んでると、欲しいレンズが増える増える(笑)
でも、お陰さまで、随分と参考にさせてもらいました。

今回のレンズも、インプレ楽しみにしています。

【2009/08/12 06:43】URL | day-suke #sFxEFLMA[ 編集]

ほっほ~♪

なんとも楽しそうですね~♪
DCレンズをフルサイズでなんて^^
とても興味があります!
APS-H使用ですから~
どのくらいケラレるのか興味津々(爆)
この後もレンズのインプレ楽しみにしています。
明日から、お盆休みです。休みに内に一回だけでも
山に走りに行きたいと思っています。天気がどうかな~^^;

【2009/08/12 15:21】URL | ibu #hOjSF6e2[ 編集]

■川!さん
ありがとうございます!
超広角、楽しいですよ♪

シグマのレンズは、一時期古いレンズのROMが対応していなかったりで好きではなかった時期があったのですが、最近は本当に意欲的なレンズがたくさんリリースされて美味しいメーカーさんになってます。
これで塗装がもっと長持ちすれば言う事なしなんだけどなぁ。。。

EF-S10-22の作例、過去にたくさんアップしているんですが、今回はこのレンズと同じ条件で撮り比べなんかもしているので、後でアップしたら見てやって下さい(^^)


■day-sukeさん
いやぁ、またまた楽しいの借りちゃいました^^;
8月下旬までしか期間が無いのですが、もう最近は40Dには付けっぱなしで楽しんでます。
超広角レンズが一本あると、気分をスカッとさせたい時に重宝しますよ(^^)

もうちょっとこのレンズで撮った写真にお付き合い頂く予定なので、よろしくお願いします~!


■ibuさん
超広角レンズ、ホントに楽しいです。
以前5Dで20mm単焦点で味をしめ、SIGMAの12-24mmで開眼して以来、超広角はたまにどうしても撮りたくなる写真のひとつです^^;
APS-Hには、サードパーティ製だったら付くんですよね!
この写真では見づらいですが、フルサイズでもおよそ14mmあたりから使い物になりそうです。
なので13-20mmという感覚でしたら十分に使えるかもしれません。
レンズ後端が四角いはめ込み型フードの様に囲ってあるので、EOS-1Vのファインダーでもご覧の通り四角くケラれています。
却ってそういう意味ではコントロールしやすいかもしれませんね^^

お盆休み、終わってしまいました^^;
ibuさんはどちらへ行かれたのでしょうね。
我が家はお掃除週間という事で終わってしまいました(爆)

【2009/08/16 23:29】URL | かもねぎ #GARAOaU2[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/858-764b0551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。