Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM と EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM を比較してみる


記事とは別にこちらの 動物愛護のカテゴリー にもご意見下さい!
それから、公園や河川敷などでノーリードにしている画像を堂々とブログに載せる事、やめませんか?



このブログは、ちゃ太郎の幸せさがしを応援してます!
よろしければ。。。バナーお持ち帰りでリンクのご協力を^^
ちゃ太郎バナー2 ちゃ太郎君について詳しくは、こちらの記事にあります!



このレビューは「みんぽす」の無償商品貸出しを利用して書かれています。(詳細は末尾で)
みんぽす



10-20 HSM TEST
「Flickrで写真拡大」 10mm/14mm/20mm
EOS 40D + SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM

10-22 USM TEST
「Flickrで写真拡大」 10mm/15mm/22mm
EOS 40D + EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM

前回の記事に引き続き、SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSMをお借りしているレビューです。

今回、このレンズをお借りする事になったのは、いくつか希望を出させて頂いた結果、このレンズをどうぞ。。。という事になったのですが(^^)、それには理由があるんです。
私自身、超広角レンズというのはEOS5DにEF20mm F2.8 USMを使って藤の花を下から撮った時からはまってしまったんですが、普通の単焦点レンズやF2.8通しのズームを選ぶのと違い、あのレンズとこのレンズとどちらがいいのか。。。と迷った時、ハッキリ言って雲を掴むような話で想像がつかないので比較出来ないという経験があったからなんですね。
なので、このSIGMAの最新型超広角ズームとCanon純正超広角ズームを同じ条件で比較もしてみたいな。。。なんて思ったからなのでした。

解像度は?色収差は?
サンプルを用意してみましたので、興味のある方は一枚ごとになっている写真の[Flickrで写真拡大]から、ピクセル等倍の写真をチェックしてみて下さい。
(連結してある写真は、撮って出しJPEGのSサイズが元画像です)


トップの写真、10-20mmと10-22mmのテレ側2mmの違いが解りますね。
実際使っていても、それほど大きな違いは感じません。
超広角ズームなので、違いを感じるようになるのはワイド側が違う場合になると思いますが、この2本はワイド端は同じ10mmですから、当たり前と言えば当たり前ですが。。。^^;

以下、トップの写真のLサイズ元画像です。

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
10mm [Flickrで写真拡大]
14mm [Flickrで写真拡大]
20mm [Flickrで写真拡大]

EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM
10mm [Flickrで写真拡大]
15mm [Flickrで写真拡大]
22mm [Flickrで写真拡大]

基本的に、どちらも優秀なレンズだと思います。
特にワイド端の周辺。
個人的には、超広角レンズを絞り開放で使う事なんかないので、今回もF10まで絞り込んでます。
で、色収差や周辺の流れもご覧の通りの及第点!
右端の曇り空とドームの屋根の際なんかは、色収差がハッキリ出ていますが、細かい屋根の造詣なんかはしっかり表現出来ました。
左右下部なんかを見ると、SIGMA 10-22の方が若干流れている様にも見えますが、この程度は問題になるような物ではないでしょうね。

もちろん、今回は三脚をバッチリ使ってます。


もう一枚、こちらも同じ場所からワイド端で。

SIGMA-Canon ワイド端比較
[Flickrで写真拡大] 上:SIGMA  下:Canon
(ここから下は[Flickrで写真拡大]でLサイズ画像が開きます)

ここでも、ワイド端の周辺解像度ではEF-S 10-22mmの方がほんの僅かに良好な結果が出ているように思えます。
右下の石段や、左端のトレリス・タイルの境目なんかが解りやすいかな。
ただ、実は写真を撮るのにそれ程こだわらなくても問題ないくらいの違いでしかないので、質感や使いやすさで十分逆転可能な程度の差だと思います。

こういうのを「重箱の隅をつつく。。。」と言うのかな^^;


ところで、この写真でもパラパラ漫画みたいに変えながら見ると歪曲収差の違いがとっても解りやすいんですが、ブログではそれを表現しにくいですね^^;
その辺りについては、次の記事で歪曲収差をしっかり比べてみたいと思います。




さて、こんな細かい検証ばっかりしてないで、せっかく仕事中に立ち寄った埼玉スタジアム2002。
SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSMでバリバリ撮ってみましたよ!

SIGMAの広角をチェック^^
[Flickrで写真拡大]


SIGMAの広角をチェック^^
[Flickrで写真拡大]


SIGMAの広角をチェック^^
[Flickrで写真拡大]


SIGMAの広角をチェック^^
[Flickrで写真拡大]


SIGMAの広角をチェック^^
[Flickrで写真拡大]


SIGMAの広角をチェック^^
[Flickrで写真拡大]


基本的に、このレンズは楽しいですね。
ズームリングもピントリングも若干重め。
そのせいで、レンズを操っていても一発で決めやすくて好感が持てました。
中心部の描写は、シグマらしくシャープな描写は他のレンズなんかと似てると思います。

ただ、使っていて惜しい。。。と感じたのは、やっぱりフィルター径。
82mmのフィルター径は、なかなか大きい^^;
ちなみに、自分の手持ちのフィルターには82mmのC-PLは無かったので試せていません。
買っても良いんでしょうけど、何しろ高いんですよ。。。C-PLのフィルター径の大きい奴って(爆)


さて、次の記事では歪曲収差と周辺減光をチェックしてみたいと思います^^;




このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」が無償で提供しています。本レビュー掲載は無報酬です。
また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)









このブログは、ちゃ太郎君の幸せさがしを応援してます!

ちゃ太郎バナー1




いつもポチっとありがとうございます。
このブログは、ノーリードはダメ!動物を捨てるのはダメ!と主張してます。
共感して頂けたら、またポチっとお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ





-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

ノーリード反対バナー

このブログは、飼い主の安易な考えによるノーリードに反対します!
「リードは犬の命綱」
私の大切な愛犬の運命は、私が握っています!
だから、一時の楽しみの為に大切な愛犬のリードは放しません!


このバナーとは別に、mixiでも
「犬のノーリード。。。絶対反対!」
というコミュニティを立ち上げています。是非ご参加下さい!

-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-PR-

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kotamona.blog26.fc2.com/tb.php/862-535d832d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。